第12回テニススタイル号外 - 国内最大の総合テニス専門サイト - テニスショップ-テニスラケット、テニスウエア、テニスシューズ、adidas、NIKE、Wilson

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

【ショッピング】会員ランク制度がスタート!過去1年間の購入額に応じて、お買い物が3~10%OFF!
テニスがもっと好きになるマガジン tennis style
加藤季温プロによるダブルス戦術上達レッスンイベントレポート
ダブルス上達レッスン
試合中ポジションを意識しないとポイントを取られてしまったり、
自分からミスをしてしまいます。
自分はどこにいて相手はどこにいるのか。
それを考えると、ネット際に落とす・深く打つ・ロブをあげるなどの次に打つショットの
選択ができ、2・3球先までイメージすることが出来ます。
高いロブは入りやすいが相手に時間を与え取られてしまうので逃げのロブになってしまいます。
どの様な高さ・軌道でどこに打つかを考え、
低いロブを打てば1バウンドしてからも勢いが落ちないので攻撃のロブになります。
特に短いボールがきた時に、ロブを打つのはテクニックが必要になるので、
深い球のときにスピンをかけたロブを打つようにしましょう。
ペアとのプレースタイルをしっかり認識する事により、
攻められた場合お互いがカバーし合えるようになり、試合中迷わずプレーする事が出来ます。
チャンスが来たときはボールが浅くならないようにしっかり決め、
ベースライン側の人はミスをせず相手にチャンスを与えない様に
つなぎチャンスをうかがいましょう。
相手がデッドゾーン(ベースライン1mほどの範囲)ばかり狙ってくる場合、
相手のペースになりポイントを取られてしまいます。
そこで、デッドゾーンに打ってきたボールをロングボレーでチップ&チャージをすることで
ネットに詰めて相手に時間を与えずペースを乱し攻めの体勢に切り替えることが出来ます。
ご参加頂きありがとうございます!
今回参加させてもらって、本当によかったと素直に感じました。
シチュエーションごとのレッスンだったので、
試合中のイメージをする事ができ、
今後のダブルスに役立てていきたいです!

状況によるショットの使い分けが明確になったので、
大変参考になりました。
今までの悩みが解消されたので、
今後もイベントを開催していただきたいです!

コートに入っていた時間が長かったので、
たくさんのボールが打てて充実していた。
また次回も加藤プロのイベントに参加したいです!

加藤プロを生で観る事ができ、それだけで感動しました!
今後もプロイベントに参加したいです!

イベント終了後も質問にしっかり答えてくれて、
更にサインと写真に応じてくれて嬉しかったです!
第12回 加藤季温プロによるダブルス戦術上達レッスン特集!!tennis styleトップへ戻る

目的別サイトマップ