26133
2
スマッシュ 2017年7月号
https://tennis365.net/products/detail.php?product_id=26133
<img src="http://tennis365.net/user_data/img/mailmag/sokujitsu-320.jpg"alt="テニスショップ"> 【巻頭技術特集】 ストロークもリターンもアプローチもボレーも! バック側ショットをフル攻略!! [PART①=ストローク編] 「パワー不足」「ノーコン」などの悩みによく効く処方箋 [PART②=リターン編] ストロークとの比較でよくわかる成功する返球術 [PART③=アプローチ編] 楽々ネットが取れるスライスアプローチ! [PART④=ボレー編] つなぎと強打の違いを知ればボレーは簡単! 一般プレーヤーが苦手にしているショットと言えばバックハンドだ。今回の巻頭特集はバックがテーマ。ただし、いつもとは一味違う。ストロークはもちろんのこと、リターンも、アプローチショットも、さらにはボレーも……すなわち“バック側のショット”は全部取り上げて、モノにしてしまおうという欲張りな特集なのだ。きっとあなたの悩みもこの中にあるはず。解決しよう! 【中とじ特別企画:Roland Garros 2017 Preview Part.1】 クレーで必要なショットの打ち方、錦織圭の優勝の可能性など内容がぎっしり! 全仏優勝の適性を探る、技術と戦術 クレーコートの全仏オープンで、グランドスラム初優勝の可能性が高いと言われている錦織圭。なぜクレーでチャンスがあるのか。そして、なぜ今年が狙い目なのか…。プレースタイルやショットの技術、現状を合わせて辻野隆三氏に解説してもらった。錦織の優勝を阻みそうな対抗馬の紹介もあり。これを持って全仏オープンを見れば、面白さ倍増は間違いない! 【Roland Garros 2017 Preview Part2】 2017全仏オープン展望&ガイド 伝統のレッドクレーを制するのは誰だ! 花の都パリを舞台に繰り広げられる、今年2番目のグランドスラム。かつての勢いが感じられない前王者ジョコビッチとは対照的に、モンテカルロやバルセロナを制するなど得意のクレーで存在感を放つナダル。さらには世界1位のプライドを懸けて初Vに挑むマリー、今季序盤から快走するフェデラー、そして我らが期待の錦織圭など、伝統のレッドクレーを制するは果たして誰か。ここからは、男女それぞれの戦いを展望するとともに、[Preview Part.1/p59~72]で取り上げた以外の選手にもスポットを当てた。これを読んでおけば、全仏オープンをより楽しむことができる!
https://tennis365.net/upload/save_image/3649-SMASH1707_main_image_05241335.jpg
その他グッズ
DVD/書籍
その他グッズ
DVD/書籍
書籍
670
<img src="http://tennis365.net/user_data/img/mailmag/sokujitsu-320.jpg"alt="テニスショップ"> 【巻頭技術特集】 ストロークもリターンもアプローチもボレーも! バック側ショットをフル攻略!! [PART①=ストローク編] 「パワー不足」「ノーコン」などの悩みによく効く処方箋 [PART②=リターン編] ストロークとの比較でよくわかる成功する返球術 [PART③=アプローチ編] 楽々ネットが取れるスライスアプローチ! [PART④=ボレー編] つなぎと強打の違いを知ればボレーは簡単! 一般プレーヤーが苦手にしているショットと言えばバックハンドだ。今回の巻頭特集はバックがテーマ。ただし、いつもとは一味違う。ストロークはもちろんのこと、リターンも、アプローチショットも、さらにはボレーも……すなわち“バック側のショット”は全部取り上げて、モノにしてしまおうという欲張りな特集なのだ。きっとあなたの悩みもこの中にあるはず。解決しよう! 【中とじ特別企画:Roland Garros 2017 Preview Part.1】 クレーで必要なショットの打ち方、錦織圭の優勝の可能性など内容がぎっしり! 全仏優勝の適性を探る、技術と戦術 クレーコートの全仏オープンで、グランドスラム初優勝の可能性が高いと言われている錦織圭。なぜクレーでチャンスがあるのか。そして、なぜ今年が狙い目なのか…。プレースタイルやショットの技術、現状を合わせて辻野隆三氏に解説してもらった。錦織の優勝を阻みそうな対抗馬の紹介もあり。これを持って全仏オープンを見れば、面白さ倍増は間違いない! 【Roland Garros 2017 Preview Part2】 2017全仏オープン展望&ガイド 伝統のレッドクレーを制するのは誰だ! 花の都パリを舞台に繰り広げられる、今年2番目のグランドスラム。かつての勢いが感じられない前王者ジョコビッチとは対照的に、モンテカルロやバルセロナを制するなど得意のクレーで存在感を放つナダル。さらには世界1位のプライドを懸けて初Vに挑むマリー、今季序盤から快走するフェデラー、そして我らが期待の錦織圭など、伝統のレッドクレーを制するは果たして誰か。ここからは、男女それぞれの戦いを展望するとともに、[Preview Part.1/p59~72]で取り上げた以外の選手にもスポットを当てた。これを読んでおけば、全仏オープンをより楽しむことができる!
10

1659 スマッシュ/SMASH スマッシュ 2017年7月号

  • 即日配送可
  • 0
  • 0
  • 0

商品番号
3649-SMASH1707
定価
¥ 670 (税込)
365価格
¥ 670 (税込)
獲得ポイント
134 pt
ポイント付与率
20%

8000円以上で送料無料

カラー/サイズ 在庫 数量
-/-

商品情報

テニスショップ
【巻頭技術特集】
ストロークもリターンもアプローチもボレーも!
バック側ショットをフル攻略!!

[PART①=ストローク編]
「パワー不足」「ノーコン」などの悩みによく効く処方箋
[PART②=リターン編]
ストロークとの比較でよくわかる成功する返球術
[PART③=アプローチ編]
楽々ネットが取れるスライスアプローチ!
[PART④=ボレー編]
つなぎと強打の違いを知ればボレーは簡単!


一般プレーヤーが苦手にしているショットと言えばバックハンドだ。今回の巻頭特集はバックがテーマ。ただし、いつもとは一味違う。ストロークはもちろんのこと、リターンも、アプローチショットも、さらにはボレーも……すなわち“バック側のショット”は全部取り上げて、モノにしてしまおうという欲張りな特集なのだ。きっとあなたの悩みもこの中にあるはず。解決しよう!

【中とじ特別企画:Roland Garros 2017 Preview Part.1】
クレーで必要なショットの打ち方、錦織圭の優勝の可能性など内容がぎっしり!
全仏優勝の適性を探る、技術と戦術

クレーコートの全仏オープンで、グランドスラム初優勝の可能性が高いと言われている錦織圭。なぜクレーでチャンスがあるのか。そして、なぜ今年が狙い目なのか…。プレースタイルやショットの技術、現状を合わせて辻野隆三氏に解説してもらった。錦織の優勝を阻みそうな対抗馬の紹介もあり。これを持って全仏オープンを見れば、面白さ倍増は間違いない!

【Roland Garros 2017 Preview Part2】
2017全仏オープン展望&ガイド
伝統のレッドクレーを制するのは誰だ!

花の都パリを舞台に繰り広げられる、今年2番目のグランドスラム。かつての勢いが感じられない前王者ジョコビッチとは対照的に、モンテカルロやバルセロナを制するなど得意のクレーで存在感を放つナダル。さらには世界1位のプライドを懸けて初Vに挑むマリー、今季序盤から快走するフェデラー、そして我らが期待の錦織圭など、伝統のレッドクレーを制するは果たして誰か。ここからは、男女それぞれの戦いを展望するとともに、[Preview Part.1/p59~72]で取り上げた以外の選手にもスポットを当てた。これを読んでおけば、全仏オープンをより楽しむことができる!


スペック
2017年5月20日発売

USER REVIEW

レビューを書く

閲覧履歴

この商品をチェックした人は、こんな商品を購入しています。