テニスレギンスの選び方

テニスレギンスの
選び方


レギンスがテニスウェアの
定番アイテムに


レギンスがテニスウェアの定番アイテムに

ここ10年ほどで、女性用テニスウェアの定番アイテムになったのが「レギンス」だ。
それ以前は女性のテニスウェアのボトムスといえば、スコートやショーツの短い丈か、スコートパンツやウィンドブレーカーのロングタイプだった。

レギンスがテニスウェアの定番アイテムに レギンスがテニスウェアの定番アイテムに

今は、スカートやショーツの下にレギンスを着用するレイヤード(重ね着)スタイルが定番となり、テニスをプレー時の機能性=動きやすさが向上したのと同時に、テニス用はもちろんテニス用ではない競技向けに販売されているボトムスを組み合わせることで、コーディネートの幅が広がったといえる。

ここ10年ほどで、女性用テニスウェアの定番アイテムになったのが「レギンス」だ。 それ以前は女性のテニスウェアのボトムスといえば、スコートやショーツの短い丈か、スコートパンツやウィンドブレーカーのロングタイプだった。 今は、スカートやショーツの下にレギンスを着用するレイヤード(重ね着)スタイルが定番となり、テニスをプレー時の機能性=動きやすさが向上したのと同時に、テニス用はもちろんテニス用ではない競技向けに販売されているボトムスを組み合わせることで、コーディネートの幅が広がったといえる。

レギンスを履くメリット


レギンスを履くメリット

・動きやすい
・コーディネートの幅が広がる
・日焼け予防
・美脚(に見える)
・防寒
・虫刺され予防

テニスの時にレギンスを履くのが定番。
では、どんなレギンスでもテニスに適しているのだろうか?

1. テニスプレーヤーには
「ボールポケット」が必須


レギンスを履くメリット

まず、テニス用レギンスの1番の特徴は、ボールを収納するためのポケットが、両サイドについていることだ。
テニスはボールを2、3球持ってプレーをするため、ボトムスにポケットは必須。
もちろんスコートやショーツにポケットが付いていればレギンスにポケットが無くても大丈夫だが、レギンスにポケットが付いていることで、ポケットが付いていない(またはポケットが小さい)スコートやショートをテニスの時に履くことができ、コーディネートの幅を広げられる。

2.ストレッチ(伸縮)性の高さ


ストレッチ(伸縮)性の高さ

テニスはフットワークが重要なスポーツ。 テニスボールを追ってコートを駆け回ったり、ボールを打つ際に膝を屈伸したり、 場面によっては開脚したり。
ストレッチ性の高い素材であれば、プレー中に動きやすく、ストレスを感じることなくボールを打つことに集中できる。

3. UV(紫外線)ケア


UV(紫外線)ケア

「日焼け対策をしたい、でも動きやすい、かつ可愛いウエアを着たい」という思いでレギンスを履くプレーヤーにとって、UV機能性のある素材であることは必須。レギンスの機能としては外せない。

4. 優れた吸汗速乾性


優れた吸汗速乾性

華麗なイメージのあるテニスだが、実際の運動量はかなりハードなもの。汗を素早く吸収し素早く発散することでプレー中の快適性が高まる。

5. 着回しのしやすいシンプルさ


着回しのしやすいシンプルさ

テニス用、テニス用以外のボトムスとのコーディネートを楽しむためにも、レギンスはベーシックなデザインがおすすめ。ブラック、ネイビー、ホワイトが人気。

6. 2枚以上、揃えられる


2枚以上、揃えられる

フィット感の高いレギンスだからこそ、気に入ったモデルで揃えたい。特に週2回以上テニスをする場合や、サークルや部活の合宿に行く、試合に出る機会のあるプレーヤーは、2枚以上、同じモデルを常備しておきたい。 そういった面では、コストパフォーマンスに優れていることや、毎年買い足しができる定番展開されたレギンスだと重宝する。

テニス365が開発した
超低価格レギンス


年間定番商品として展開され、累計販売枚数は5,000枚以上。

テニス365が開発した超低価格レギンス
テニス365が開発した超低価格レギンス
  • テニス専用レギンス( 7分丈 )

    涼しく、軽やかにプレーするための7分丈。
    特にインドアでプレーする機会の多いプレーヤーにオススメ!

  • テニス専用レギンス( 10分丈 )

    日焼け対策を万全にするなら10分丈がオススメ!