重量

一般的に重いラケットは上級者又は腕力のある方に適しており、軽いラケットは非力な方や初級者に適しています。
ラケット重量を大まかな区分けると【超軽量(245g未満)】、【軽量(245~280g】)、【一般(280g以上)】になり、
テニス人口の約7割が超軽量か軽量のラケットを使用しています。
4~5年前に超軽量のラケットが流行りましたが、現在そのようなモデルは殆ど消滅し、代わって280g以上のラケットを使う方が増えてきました。

■重いラケットの利点■

速い相手のショット(サーブやストローク)に対して、面を作るだけでボールを押さえられ、相手のショットに打ち負けにくくなります。

軽いラケットよりスウィングすると遠心力が働き、ボールを潰しやすく、重たいボールが打てるようになります。     

重いラケットは軽いラケットと比べ大振りできないので、飛びを抑えることができます。

■重いラケットの欠点■  

重いので非力な方だとスウィングできず、ボールへの反応が遅れてしまいます。     

軽いラケットと比べてボールが飛ばなくなります。

■軽いラケットの利点■

非力な方でも楽にスウィングでき、ラケットの取り回しが良くなります。

■軽いラケットの欠点■

相手の速いショットに対して、自分からスウィングしていかないと、ラケットが弾かれてしまいます。

重たいラケットと比較すると、ボールをヒットした時の振動と衝撃が大きくなります。