テニス365

国内最大の総合テニス専門サイト

29900
2
SMASH スマッシュ 2019年6月号
https://tennis365.net/products/detail.php?product_id=29900
【2大巻頭技術特集】※動画レッスン付き ◆巻頭技術第1特集◆ 真っすぐ伸びて、一気に落ちる! ≪エッグボールをゼロから学ぶ≫ ◆巻頭技術第2特集◆ パワーがなくても大丈夫。難しいボールの対処法も紹介 ≪楽に返せるバックハンド≫ 【中とじ特別企画】※動画レッスン付き 佐藤文平プロ直伝! 今まで誰も教えてくれなかった打ち方がわかる! ≪スーパーショット習得完全マニュアル≫ 【独占インタビュー】 ステファノス・チチパス ≪20歳のブレークスルー≫ 【2大巻頭特集】※動画レッスン付き ◆巻頭技術第1特集◆ 真っすぐ伸びて、一気に落ちる! エッグボールをゼロから学ぶ ≪勝利へ導くミラクルショットを徹底レッスン≫ 最初は直線的に飛び、相手コートのベースライン手前で急激に落ちていくエッグボール。プロのストローク戦で見たことがある方も多いだろう。今回は、その独特な軌道と破壊力抜群のショットを増田健太郎氏の解説で徹底解剖する。特集の後半では4段階に分かれた練習法を紹介。相手を追い込める最新型のトップスピンを手に入れよう。 ◆巻頭技術第2特集◆ パワーがなくても大丈夫。 難しいボールの対処法も紹介 楽に返せるバックハンド [PART1] 力をあまり使わずに打てるポイント [PART2] 究極に楽に返せるのはスライスだ! [PART3] 状況別・ここに気を付ければどんなボールも返せる! バックハンドは日常的にあまり使わない動きであり、力を入れづらいため、多くの初~中級者が苦手にしている。そこで今回の特集では、単に打ち方の基本を示すのではなく、“楽に返す”ことに特化してレッスン。片手打ち・両手打ち・スライスで力を使わずに打つポイントから、深い・速い・遠いなど難しいボールの対処法まで、誰でもバックをしっかり振り切れるように導こう! 【中とじ特別企画】 佐藤文平プロ直伝! 今まで誰も教えてくれなかった打ち方がわかる! スーパーショット習得完全マニュアル ■ドロップショット ■ドロップボレー ■股抜き ■ジャックナイフ ■エアK ■スネイク なかなか使わないけれど、このショットでポイントが取れたら、相手へのダメージは倍増する「スーパーショット」の技術を丁寧に解説。誰もが憧れるものの、なかなか難しいショットの使い方、打ち方のポイントを理解し、コートで輝くプレーヤーになろう! 【独占インタビュー】 ステファノス・チチパス 20歳のブレークスルー 未来の王者候補に数えられるチチパスが、ついにトップ10入りを果たした。弱冠20歳での快挙。しかも年頭の15位から短期間でのジャンプアップだ。いったい彼の中でどんな変化があったのか? ブレークスルーの秘密に迫った。 【スペシャルリポート】 マイアミオープンで101回目のツアータイトルを獲得! R・フェデラーのテニス哲学 3月のドバイ選手権で100個目の優勝カップを掲げ、インディアンウェルズでは準優勝、そして、マイアミで101回目の優勝を成し遂げたR・フェデラー。そのプレーだけでなく、メンタリティーにおいても崇高さを増していく。今なお光輝く37歳、フェデラーのテニス哲学とは? 内田暁氏によるインディアンウェルズ&マイアミ取材からのリポート。 ●カナダ勢躍進の陰に/D・シャポバロフ、F・オジェ―アリアシム、B・アンドリースク ●再び、あの場所へ/西岡良仁 【連載/最終回】 ~ロジャー・フェデラー物語~ 伝説を創り出す者 最終章「終わりなき旅路」 今年3月に開催されたドバイでツアー通算100勝を飾ると、続くマイアミのマスターズでは101勝目を挙げた。数々の記録を塗り替えてきた男の旅路は、まだまだ終わる気配はない。
https://tennis365.net/upload/save_image/05271722_5ceb9e3dbbf50.jpg
その他テニスグッズ
DVD/書籍
その他テニスグッズ
DVD/書籍
書籍
670
【2大巻頭技術特集】※動画レッスン付き ◆巻頭技術第1特集◆ 真っすぐ伸びて、一気に落ちる! ≪エッグボールをゼロから学ぶ≫ ◆巻頭技術第2特集◆ パワーがなくても大丈夫。難しいボールの対処法も紹介 ≪楽に返せるバックハンド≫ 【中とじ特別企画】※動画レッスン付き 佐藤文平プロ直伝! 今まで誰も教えてくれなかった打ち方がわかる! ≪スーパーショット習得完全マニュアル≫ 【独占インタビュー】 ステファノス・チチパス ≪20歳のブレークスルー≫ 【2大巻頭特集】※動画レッスン付き ◆巻頭技術第1特集◆ 真っすぐ伸びて、一気に落ちる! エッグボールをゼロから学ぶ ≪勝利へ導くミラクルショットを徹底レッスン≫ 最初は直線的に飛び、相手コートのベースライン手前で急激に落ちていくエッグボール。プロのストローク戦で見たことがある方も多いだろう。今回は、その独特な軌道と破壊力抜群のショットを増田健太郎氏の解説で徹底解剖する。特集の後半では4段階に分かれた練習法を紹介。相手を追い込める最新型のトップスピンを手に入れよう。 ◆巻頭技術第2特集◆ パワーがなくても大丈夫。 難しいボールの対処法も紹介 楽に返せるバックハンド [PART1] 力をあまり使わずに打てるポイント [PART2] 究極に楽に返せるのはスライスだ! [PART3] 状況別・ここに気を付ければどんなボールも返せる! バックハンドは日常的にあまり使わない動きであり、力を入れづらいため、多くの初~中級者が苦手にしている。そこで今回の特集では、単に打ち方の基本を示すのではなく、“楽に返す”ことに特化してレッスン。片手打ち・両手打ち・スライスで力を使わずに打つポイントから、深い・速い・遠いなど難しいボールの対処法まで、誰でもバックをしっかり振り切れるように導こう! 【中とじ特別企画】 佐藤文平プロ直伝! 今まで誰も教えてくれなかった打ち方がわかる! スーパーショット習得完全マニュアル ■ドロップショット ■ドロップボレー ■股抜き ■ジャックナイフ ■エアK ■スネイク なかなか使わないけれど、このショットでポイントが取れたら、相手へのダメージは倍増する「スーパーショット」の技術を丁寧に解説。誰もが憧れるものの、なかなか難しいショットの使い方、打ち方のポイントを理解し、コートで輝くプレーヤーになろう! 【独占インタビュー】 ステファノス・チチパス 20歳のブレークスルー 未来の王者候補に数えられるチチパスが、ついにトップ10入りを果たした。弱冠20歳での快挙。しかも年頭の15位から短期間でのジャンプアップだ。いったい彼の中でどんな変化があったのか? ブレークスルーの秘密に迫った。 【スペシャルリポート】 マイアミオープンで101回目のツアータイトルを獲得! R・フェデラーのテニス哲学 3月のドバイ選手権で100個目の優勝カップを掲げ、インディアンウェルズでは準優勝、そして、マイアミで101回目の優勝を成し遂げたR・フェデラー。そのプレーだけでなく、メンタリティーにおいても崇高さを増していく。今なお光輝く37歳、フェデラーのテニス哲学とは? 内田暁氏によるインディアンウェルズ&マイアミ取材からのリポート。 ●カナダ勢躍進の陰に/D・シャポバロフ、F・オジェ―アリアシム、B・アンドリースク ●再び、あの場所へ/西岡良仁 【連載/最終回】 ~ロジャー・フェデラー物語~ 伝説を創り出す者 最終章「終わりなき旅路」 今年3月に開催されたドバイでツアー通算100勝を飾ると、続くマイアミのマスターズでは101勝目を挙げた。数々の記録を塗り替えてきた男の旅路は、まだまだ終わる気配はない。
10

1659 スマッシュ/SMASH SMASH スマッシュ 2019年6月号

  • 0
  • 0
  • 0

商品番号
3649-SMASH1906
定価
¥ 670 (税込)
365価格
¥ 670 (税込)
獲得ポイント
6 pt
ポイント付与率
1%

8000円以上で送料無料
※通常送料648円(沖縄・離島は送料1,260円)

カラー/サイズ 在庫 数量
-/-

商品情報

【2大巻頭技術特集】※動画レッスン付き
◆巻頭技術第1特集◆
真っすぐ伸びて、一気に落ちる!
≪エッグボールをゼロから学ぶ≫

◆巻頭技術第2特集◆
パワーがなくても大丈夫。難しいボールの対処法も紹介
≪楽に返せるバックハンド≫

【中とじ特別企画】※動画レッスン付き
佐藤文平プロ直伝!
今まで誰も教えてくれなかった打ち方がわかる!
≪スーパーショット習得完全マニュアル≫

【独占インタビュー】
ステファノス・チチパス
≪20歳のブレークスルー≫

【2大巻頭特集】※動画レッスン付き

◆巻頭技術第1特集◆
真っすぐ伸びて、一気に落ちる!
エッグボールをゼロから学ぶ
≪勝利へ導くミラクルショットを徹底レッスン≫

最初は直線的に飛び、相手コートのベースライン手前で急激に落ちていくエッグボール。プロのストローク戦で見たことがある方も多いだろう。今回は、その独特な軌道と破壊力抜群のショットを増田健太郎氏の解説で徹底解剖する。特集の後半では4段階に分かれた練習法を紹介。相手を追い込める最新型のトップスピンを手に入れよう。

◆巻頭技術第2特集◆
パワーがなくても大丈夫。
難しいボールの対処法も紹介
楽に返せるバックハンド

[PART1]
力をあまり使わずに打てるポイント
[PART2]
究極に楽に返せるのはスライスだ!
[PART3]
状況別・ここに気を付ければどんなボールも返せる!

バックハンドは日常的にあまり使わない動きであり、力を入れづらいため、多くの初~中級者が苦手にしている。そこで今回の特集では、単に打ち方の基本を示すのではなく、“楽に返す”ことに特化してレッスン。片手打ち・両手打ち・スライスで力を使わずに打つポイントから、深い・速い・遠いなど難しいボールの対処法まで、誰でもバックをしっかり振り切れるように導こう!

【中とじ特別企画】
佐藤文平プロ直伝!
今まで誰も教えてくれなかった打ち方がわかる!
スーパーショット習得完全マニュアル

■ドロップショット
■ドロップボレー
■股抜き
■ジャックナイフ
■エアK
■スネイク

なかなか使わないけれど、このショットでポイントが取れたら、相手へのダメージは倍増する「スーパーショット」の技術を丁寧に解説。誰もが憧れるものの、なかなか難しいショットの使い方、打ち方のポイントを理解し、コートで輝くプレーヤーになろう!

【独占インタビュー】
ステファノス・チチパス
20歳のブレークスルー

未来の王者候補に数えられるチチパスが、ついにトップ10入りを果たした。弱冠20歳での快挙。しかも年頭の15位から短期間でのジャンプアップだ。いったい彼の中でどんな変化があったのか? ブレークスルーの秘密に迫った。

【スペシャルリポート】
マイアミオープンで101回目のツアータイトルを獲得!
R・フェデラーのテニス哲学

3月のドバイ選手権で100個目の優勝カップを掲げ、インディアンウェルズでは準優勝、そして、マイアミで101回目の優勝を成し遂げたR・フェデラー。そのプレーだけでなく、メンタリティーにおいても崇高さを増していく。今なお光輝く37歳、フェデラーのテニス哲学とは? 内田暁氏によるインディアンウェルズ&マイアミ取材からのリポート。

●カナダ勢躍進の陰に/D・シャポバロフ、F・オジェ―アリアシム、B・アンドリースク
●再び、あの場所へ/西岡良仁

【連載/最終回】
~ロジャー・フェデラー物語~
伝説を創り出す者

最終章「終わりなき旅路」
今年3月に開催されたドバイでツアー通算100勝を飾ると、続くマイアミのマスターズでは101勝目を挙げた。数々の記録を塗り替えてきた男の旅路は、まだまだ終わる気配はない。



スペック
定価670円(税込)/A4変
2019年4月20日発売

USER REVIEW

レビューを書く

閲覧履歴

この商品をチェックした人は、こんな商品を購入しています。